神経性の疲れは、なかなか取れないのです。

疲れにも色々とあります。

肉体労働の疲れは分かりやすくて、単純に身体を休めたらよいのですが

神経性の疲れを、取るのは厄介ですよね。

見極めるのも厄介…

軽く瞑想して、自分の身体に何がしたいか聞いてみましょう。

運動したければ、何か運動を…

何もしたくなければ、その通りで

ぼ~~っ、としましょう。

間違っても、回復薬とかは意味が無いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です