ジャッキーとリーでは、どちらが強い?

最近、YouTubeを見ていて嬉しくなったので投稿です。

そのYouTubeの内容はジャッキー・チェンがネットで様々な質問に答えるだけのモノなのですが、この中にジャッキーはブルースリーより強いですか?

といった質問があり、ジャッキーはブルース・リーの方が強いといった回答をしたました

そこが、妙に嬉しかったのです。

しっぽ崎としては、ブルース・リーは好きですがジャッキーも好きなので、どちらかが上である。

その様な思いは、全くないのです。

確かジャッキーはブルース・リーのフアンだったはず。
だから、その幻想にはいつまでも追いつけない…。そんな意味合いも推測しますが、心の中で輝いているヒーロー大切にしている。

その様な風にも受け取れて、なおかつ自分が50代にしてその様に考えられるのも嬉しかったのですね。

ブルース・リーの『燃えよドラゴン』が公開されたのが1973年

しっぽ崎が小学生のころですね。

ジャッキー・チェンの『酔拳』が日本での公開が1979年だそうなので

しっぽ崎が中学生の頃ですね

ブルース・リーの無駄の無いスピーディーな動きと、あの研ぎ澄ましたような肉体の格好良さには魅了されたものです。

そして、ジャッキーの今までには見たことが無かった拳法の動きと、

そのバリエーションに夢中になったモノです。

その様な中で湧き起こってくるのは、格闘ブームです。

どの格闘技が最強であるか…とか

より実践的である…とか

それらを言い合い、その中から『熊殺し』をうたい、実践的な空手と称した

極真空手

その祖となる大山倍達も登場してきました。
少年の頃のしっぽ崎は、本当に強い格闘技とは??…と、その様なことに興味津々です。(笑)

また、そんな中でブルース・リーの映画は、フイルムを加工したトリックであるとかリーの肉体は薬だ!…とか、電気で筋肉を刺激して作り上げたニセモノだ…とか

そんな、話を聞いてしまった。少年しっぽ崎はリーに対してガッカリです。

だけど、年齢をかさねるごとに、物理的な強さなどはどうでも良くなっていたのですね。

どんなに肉体の強さを誇っても、ピークを過ぎて年を取れば衰えていく様を体感し、その虚しさも理解できるし…

それよりも、あの時に感じたわくわく感を何時までも大切にしたい

その想いを、ジャッキーにかさねてしまった。しっぽ崎でした。

おっ…!今なら、アマゾンプライムで『燃えよドラゴン』が見られますな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です